パズドラとモンストを毎日やっていた大学生が日給5万円稼ぐ方法

こんにちは、ショウタクです。

 

今回は、

パズドラとモンストを毎日やっていた大学生が日給5万円稼ぐ方法

についてです。

 

その方法とは、ネットビジネスの自己アフィリエイトです。

この方法は、

誰でも取り組めて、

1時間~2時間で、数千円から数万円の報酬が稼げます。

ネットビジネスの世界では、

「月に5,000円や10,000円といった収入が得られるのは、

ネットビジネス人口数百万と言われる中の5%とも10%」

などとよく言われます。

信じられない数字ですが、

少なくともこの自己アフィリエイトの存在を知り実践すれば、

あっという間にその数%の仲間入りができます!

もう知らない人から見れば羨望の眼差しでみられるレベルです。

周りの友達は、内心

「すげー」、「いいなー」、「頭いいじゃん」

と思いながら稼げたあなたのこと見ています。

 

このようにネットビジネスは単純に

「知っているか」「知らないか」

が大きな差となって現れる世界です。

 

ここまで聞いておそらく皆さんは、

「でたー、怪しいやつじゃん」

「どうせ、詐欺じゃん」

と批判したくなるかもしれません。

まあ、それが一般的な反応なので、

僕も慣れています。

ただ、お金が欲しい方は、引き続きこの記事を読んでください。

順番に説明していきます。

 

ネットビジネスとは?

ネットビジネスとは、インターネットの仕組みを使ったビジネスのことです。

例えば、食べログ、価格ドットコム、Amazonもインターネットを使ったビジネスです。

また、皆さんが怪しいと感じる情報を売る方法は、

ネットビジネスの1つの稼ぎ方です。

 

あと、言葉が似ているネットワークビジネスとは全く違ったものです。

主なネットワークビジネスは、

アムウェイ、ニュースキン、リゾネットがあります。

僕も昔、勧誘されたことありました。

カフェで友達に、

「将来お金に困っていない?」

「最近、悩んでない?」

みたいに話が始まって勧誘されました。

 

ネットワークビジネスはビジネスとして成り立っていますが、

僕はネットワークビジネスはやりません。

理由は、怪しいとかではなく会社や他人に依存しているからです。

 

まず、会社に依存していると会社がつぶれたら何も残らなくて収入がゼロになります。

そして、自分の下についた人の数によって収入が左右されます。

ネットワークビジネスをやっている、

他の会員が強引な勧誘をして失態を犯した時に、

そのネットワークビジネス自体が非難を受けて、

自分は悪くないのに世間からの評判が悪くなることがあるからです。

あとは、毎回、人に会って勧誘しないといけないのも面倒くさいですね。

 

ネットで稼げるようになったから思う事

今の僕はネットで稼ぐことができるようになりました。

PC1台で家に引きこもって稼ぐことができます。

面倒な人付き合いやわざわざ会いに行く必要もないです。

 

もし、僕が大学生に戻れるなら、

確実にネットビジネスをやっています。

ぶっちゃけ、方法さえ間違えなければ稼ぐことが可能なのです。

このビジネスは、年齢、性別、学歴は関係ありません。

しかも、小資金から始めることが可能なビジネスです。

 

ここで、少し個人的な話をします。

大学生の日常

大学生の僕は、

毎日、パズドラとモンストのスマホゲームを毎日ログインして、

コツコツとやっていました。

「今度ゴットフェスあるから石集めなきゃ」

「進化素材足らないじゃん」

みたいな会話を友達としていました。

 

あと、大学の勉強は楽しくありませんでした。

僕が大学に行く理由は、

「単位が欲しい」

「みんな行っているから」

「親に心配されたくないから」

みたいに自分から望んで行くのではなく、

「それが普通だからしょうがない」

みたいな感じでした。

 

そして、僕は彼女もいないし、

バイトをほとんどやっていなかったので、

お金だってありませんでした。

ただ唯一、あるのは時間でした。

 

で、その時間をアニメやゲームに費やしていました。

パズドラは当時、ラーやパンドラをリーダーにしていました。

モンストは、カムイを主に使っていました。

いま、見るとすごく懐かしいです。

僕は、パズドラのゴットフェスやモンストの獣神祭は、

引きが悪くて毎回爆死していました。

ガチャ運は酷かったです。

とくに毎日ゲームとアニメ三昧でした。

 

今思うのは、

ただ、ダラダラと過ごして時間がもったいなかったです。

もっと、やりたいことを探して取り組むべきだったなと未練があります。

 

もし、僕が本気でアニメやゲームに熱中していたら、

それは本気でやりたいことをやっているので後悔はしていません。

でも、僕は本気で生きていませんでした。

 

大学生の頃から、

恋愛とネットビジネスに力を入れたらよかったと心底思ってます。

 

僕の時間は、いくら後悔しても戻らないので仕方がありません。

でも、もしこの記事を見ている方が大学生なら、

「ちょっと、試してみるか」

みたいな感じてネットで稼ぐことに挑戦して下さい。

自分の世界が大きく変わる体験をするからです。

 

一般的な大学生の稼ぐ方法は?

お金を稼ぐ方法はたくさんあります。

その中で、王道なのがバイトです。

 

実際、僕も一時期バイトしていました。

友達と旅行に行くための資金集めをしていました。

 

僕は当時、地方に住んでいたので、

時給がクソ安くて、

当時、時給800円でした。

だから、どんなに働いても、

ぶっちゃけ儲からない。

でも、他に稼ぐ方法を知らないので、

労働時間ばかり増やしていました。

 

また、時給を上げるために時間帯を深夜にしましたが、

上がるのは時給数百円です。

この時は、

「めっちゃ稼げるじゃん」

とか思ってましたが、

世間はもっと広く稼ぐ方法はたくさんありました。

 

あと、バイトで嫌な思いをしたのが、

人間関係です。

僕は、仕事を教わってもすぐにできる優秀なタイプでなかったので、

仕事でミスを連発していました。

 

その時、バイトの先輩が本当に厳しい人で、

「なんで、できないんだよ!」

みたいによく僕にキレていました。

 

ミスした僕も悪かったけどそこまで怒る?

と今思い返すと理不尽さを感じます。

 

こうなると、バイトに行きたくないし、

ビビって余計にミスをしてまた怒られることがありました。

その後、そのバイトは3か月でやめました。

まあ、ここで言いたいのは、いくらお金が入っても人間関係が悪いと

続けることができないという事です。

 

具体的に稼ぐ方法は?

具体的な自己アフィリエイトの方法は別の記事で説明していますので、

そちらを参考にして下さい。

ビジネス知識がなかった僕が1週間で10万円稼いだ初めての方法

 

この方法は一度限りですが、自己アフィリエイトをやったことない人は、

日給5万円程度稼ぐことは可能です。

 

大学生は将来に可能性しかない

最後に、

大学生のいいところは、時間は十分にあることです。

体力もあるし、行動力もあります。

だから、自分で納得できる生き方をして下さい。

そのためにも、世の中のことを勉強したり、

新しいことに挑戦してください。

 

そこでまずは、自己アフィリエイトで、

ネットで稼ぐことの経験をして下さい。

 

社会人になると、大抵の人が後悔しています。

自分の望まない働き方をして、

「残業が辛い」、「上司が怒ってくる」

と言う悩みを持っています。

会社で

「自分はこれをやりたいんだ!」

と明確なやりたいことをするなら目的があっていいのですが、

もし給料や名が知れた企業ブランドで選んでいるなら、

おそらく仕事が辛いと感じてしまいます。

 

現に、朝電車に乗ると、

覇気のない顔をした社会人を見かけます。

 

僕は企業をブランドで選びました。

就活で、面接官に

「御社の事業内容が私の求めると事一致しており・・・」

見たくウソで塗り固められたテンプレを言っていました。

そして、運よく受かった企業で働きましたが、

やりたいことではありませんでした。

 

そして、自分の生き方に疑問を持ち始め、

ネットビジネスに挑戦して稼ぐことができ、自分の価値観が変わりました。

「ネットで稼げるなら会社必必要ないのは?」

「つらい思いをして働いて体や精神をダメにしたら意味ないじゃん」

などです。

そして、本気でネットビジネスに今は取り組んでいます。

将来は、自分で起業できることを夢見て日々成長しています。

 

プロフィール

 

 

初めまして、ショウタクです。

映画大好きのサラリーマンです

 

家に引きこもりがち、

仕事がうまくいかない落ちこぼれ、

コミュ障で友達が少ない僕が

ネットビジネスに出会い地道に勉強して

PC1台で家にいながら1週間で10万円稼ぐことができました。

しかも作業時間はほんの数時間程度です。

 

さらに、そのネットビジネスがきっかけで、

他の魅力的な起業家に出会い、

友達ができるなど人間関係が得意になりました。

詳細はこちら↓

 

映画

もし、大好きな映画が見放題になったら嬉しくないですか?

僕は嬉しいです。

 

でも、現実は1回1800円もして安くはありません。

そんな映画が見放題になった話を無料メルマガで話します。

登録フォームはこちら↓