サラリーマンの僕は毎週末、殴り合っています 映画「ファイト・クラブ」をレビュー

こんにちは、ショウタクです。

 

今回は、映画

「ファイト・クラブ」

をレビューします。

 

ネタバレはなしです。

 

映画のあらすじ

不眠症に悩む若きエリートのジャック。

彼の空虚な生活は謎の男、タイラーと出会ってから一変する。

自宅が火事になり、焼け出されたジャックはタイラーの家へ居候することに。

「お互いに殴り合う」というファイトにはまっていく二人のもとに、

ファイト目当ての男たちが集いあうようになる。

そして秘密組織”ファイト・クラブ”がつくられた!

 

映画の感想

ファイト・クラブという名だからもちろん殴り合うシーンがある。

血は飛び出るし、歯が折れる

とてもリアルな演技を見ていて、

ハラハラするけど、

爽快感もある。

 

途中までは面白いのだが、

最後のオチはどうかとおもう。

あっさりと終わるのでもうひとひねりしてほしいと感じた。

 

僕が作品から感じたことは、

もっと欲望に忠実になれという事。

 

主人公がファイト・クラブを作ったきっかけは、

殴られることで「生きている証」を実感することにハマったからである。

主人公の欲望は暴力的で僕は魅力を感じないが、

自分の欲望に忠実になることはいいことだと思う。

 

多くの人が退屈な人生を送っている理由は、

コレだと思う。

自分の欲望に忠実になれていない事

 

だから、現実と理想を比べてしまい、

毎日が楽しくないし、つらいと感じる。

 

大人になると世間、学校、会社、家族などが僕たちの欲望にブレーキをかけてくる

例えば、

「いい大学をでて、いい会社で働くことが正しい」

とか

でも、会社で働いている人を見ると、

必ずしもみんな幸せを感じていない。

 

仕事が辛かったり、人間関係に悩んでいたりする。

でも、みんな嫌ながらも耐えて仕事をすることが常識と決めつけて、

自分の体にムチを打つ。

そして、死んだ目をして次の日を迎える。

 

僕は大学生の時に、死んだ目をして働きたくないとずっと決めていたのですが、

自分の上司を見ると、

「あー、いずれ僕もこうなるのかな」

「なりたくないな」

と仕事を続けていいのか疑問を持っていた。

 

そして、ネットビジネスに出会い、

毎日充実した生き方ができることを知り、

今はビジネスを猛勉強中。

 

僕はネットビジネスを選びましたが、

もしあなたが今の人生をどうにかして変えたいと思うのであれば、

行動するべきだと思う。

 

会社にいる時間が長ければ長いほど、

その環境に慣れてしまい、

新しく行動することが困難になる。

 

人生は長いようであっという間に過ぎていく、

だったらどんな生き方を選びたいのか、

一度、自分の欲望に素直になってはどうだろうか?

 

感想は以上です。

 

 

プロフィール

 

 

初めまして、ショウタクです。

映画大好きのサラリーマンです

 

家に引きこもりがち、

仕事がうまくいかない落ちこぼれ、

コミュ障で友達が少ない僕が

ネットビジネスに出会い地道に勉強して

PC1台で家にいながら1週間で10万円稼ぐことができました。

しかも作業時間はほんの数時間程度です。

 

さらに、そのネットビジネスがきっかけで、

他の魅力的な起業家に出会い、

友達ができるなど人間関係が得意になりました。

詳細はこちら↓

 

映画

もし、大好きな映画が見放題になったら嬉しくないですか?

僕は嬉しいです。

 

でも、現実は1回1800円もして安くはありません。

そんな映画が見放題になった話を無料メルマガで話します。

登録フォームはこちら↓