上空850mで全エンジン停止の航空事故 映画「ハドソン川の奇跡」をレビュー

こんにちは、ショウタクです。

 

今回、映画

「ハドソン川の奇跡」

をレビューします。

ネタバレはなしです。

 

この映画は、2009年におきた実話をもとにしています。

 

僕もこの事故のことは少しだけ知っていました。

「飛行機が川に落ちた!?でも、全員無事でよかった」そんな程度です。

でも、そのあとに様々なストーリーがあったのを知りませんでした。

この映画はそんな事故後に起きた物語を映しています。

 

映画のあらすじ

2009年1月15日、真冬のニューヨークで、

安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長は、

いつものように操縦席へ向かう。

飛行機は無事に離陸したものの、

マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。

このまま墜落すれば、乗客はおろか、

ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、

ハドソン川への着水だった。

 

このニュースは全米はおろか世界中で「ハドソン川の奇跡」と銘打たれ、

サリーは一躍ヒーローとなる。

しかし後日、事故調査委員会の調査により、

ラガーディアにも他の空港にも着陸が可能だったという報告を突き付けられた。

 

サリーとスカイルズは「あり得ない」と否定するが一転、

二人は疑惑の人物となってしまう。

議論の場は公聴会で行われることとなり、サリーはある要求を同僚に頼む。

 

果たしてサリーの行動は正しかったのか?

それとも滅茶苦茶な賭けだったのか?

 

映画の感想

全体を通して面白かったです。

 

みんなを救ったヒーローならいいじゃんと思ったけど、

そうではなかったのです。

彼が下した判断に当局から疑いの目がかけられます。

「本当はもっと安全な方法があったのでは?」

「機長は他のクルーと乗客の命を危険にさらしたのでは?」

この展開には驚きました。

確かに、当局の意見にも納得した自分がいました。

そして終盤に判断がなされます。

この時は、本当にドキドキしました。

「え、どっちなの?」

 

この映画は、歴史に残る事実を語っているので、

見て損はないです。

 

あと、映画の終盤に機長たち本人が出演します。

あの時の機長の心情や生い立ちなどバックグラウンドが語られていてとてもよかったです。

事故が起きたことは不幸でしたが、

彼が機長だったことは不幸中の幸いだと思いました。

 

作品の続きが気になる方(今なら無料で見れるチャンス!!)

U-NEXTで続きが観れます!

U-NEXTは、動画配信サービスです。

 

僕は家で映画を観る時は、

TUTAYAなどでDVDをレンタルしていました。

 

でも、今は、このサービスを使って本当に良かったです。

 

まず、外に出ないので楽ですね。

借りる時、返却するときも外にでない、しかも天気も気になりません。

 

あとは、返却期間内に観れないとすごく、悔しい思いをしていましたがなくなりました。

「あー、映画観てないけど返さなきゃな」

といった思いはしなくなりました。

サービスの登録は、2~3分程度ですぐ終わって、

その後すぐに、スマホやPCが見放題の映画館みたいになりました。

 

今なら31日間無料トライアルを実施していますので、

この作品を視聴した後でも期間内であれば一切お金がかかりません

 

映画好きの方は、こちらからどうぞ↓


家に引きこもりがち、

仕事がうまくいかない落ちこぼれ、

コミュ障で友達が少ない僕が

ネットビジネスに出会い地道に勉強して、

PC1台で家にいながら1週間で10万円稼ぐことができました。

 

さらに、努力してビジネスを仕組み化することで、

月30万円の不労所得を作り、脱サラしました。

もう、会社に行かない自由な時間とお金な生活になりました。

 

そして、そのネットビジネスがきっかけで、

他の魅力的な起業家に出会い、

友達ができるなど人間関係が得意になりました。

詳細はこちら↓

何のとりえもないサラリーマンがネットビジネスに出会って人生変わった物語


ブログでは話していない、初心者がするべきネットビジネスの稼ぎ方についてメルマガで話しています。

僕が初心者の時に、やって失敗したネットビジネスについても話しています。

メルマガ登録は無料です。