黒人を収容する白人看守の葛藤 映画「マンデラの名もなき看守」をレビュー

こんにちは、ショウタクです。

 

今回は、映画

「マンデラの名もなき看守」

をレビューします。

ややネタバレありです。

 

この映画は実話です。

南アフリカ初の黒人大統領ネルソン・マンデラの“囚われの27年間”にスポットを当てた作品です。

政治活動家として刑務所生活を強いられたマンデラと、

彼との出会いによって社会を見つめ直す白人看守グレゴリーの交流が描かれています。

 

映画のあらすじ

アパルトヘイト政策により、黒人が差別されている1968年の南アフリカ。

白人看守のグレゴリーは、マンデラが収監されているロベン島の刑務所に赴任。

マンデラの故郷の言葉であるコーサ語を操ることができるグレゴリーは、

マンデラらの秘密の会話をスパイするよう命じられる。

 

映画の感想

この映画の面白いところは、

主人公である白人看守グレゴリーの葛藤です。

 

グレゴリーは、看守である立場ゆえに黒人に厳しい態度をとります。

例えば、

グレゴリーは、黒人の言葉が分かるので郵便物の検閲を任されます。

黒人囚人が壁の外にいる家族とやり取りする手紙をすべてチェックして、

政治的内容や刑務所の様子を表す文章がある場合、

手紙を切り抜いて囚人に渡します。

 

他には、マンデラが面会室で家族と会話する際に、

政治的内容がないか盗聴し、

もしマンデラがそのような会話をした場合、

即面会を中止するなどの業務をしていました。

 

そんなグレゴリーですが、幼いころに黒人少年と一緒に過ごした経験があり、

黒人のマンデラの政治活動に多少理解があります。

 

そして、マンデラと話すにつれて、

グレゴリーの心が動きます。

「もしかしらら、マンデラはいい奴かも・・・」

 

でも、グレゴリーは看守なので、

黒人であるマンデラに良心を見せることは絶対にできません。

もし、そんなことをすれば退職になり、家族が危ない目にあうかもしれないからです。

 

グレゴリーは看守である自分と、

マンデラのどちらの味方をすればいいか、

悩み、苦しみます。

彼の中では白人主義が常識なのですが、

マンデラに出会い、グレゴリーの常識が崩壊していくのです。

 

僕も常識が破壊された経験がいくつもあります。

特に大きいのが、

「サラリーマンで稼ぐのではなく、ネットビジネスで稼ぐこと」

を選びました。

 

ネットビジネスを選んだのは、サラリーマンよりも手に入れられるお金と時間が多いからです。

サラリーマンだった時は、月に残業込みで400時間働いて30万くらい稼いでいました。

でも、今はネットビジネスで月にゼロ時間で30万円稼ぐことが可能になりました。

要は、不労所得です。

 

不労所得なんて怪しい響きですが、

簡単に言うと、僕が作ったネット上のブログやSNS、メルマガが僕が休んでいる間に、

代わりにモノやサービスを売ってお金を稼いでいます。

しかも、一度仕組みを作れば永遠に稼ぎ続けることができるのです。

こんなことはサラリーマンの常識ではありえません。

 

もし、サラリーマンに

「休みながらお金を稼ぎたい?バカな事言うな!!!」

と言えば、相手に怒られ、頭のおかしい人と思われるでしょう。

 

でも、ネットビジネスであれば普通の事なのです。

ネットビジネスをやっている人に、

「休みながらお金を稼ぎたい?じゃあ、仕組み作ればイケるよ!」

と言えば、相手からアドバイスをくれるでしょう。

 

常識を疑うことは、

今までの自分を否定するようで怖くて、認めたくなかったです。

だって、僕以外に日本では1000万人以上が会社で働いているからです。

その常識が当たり前でした。

 

さらに、僕の親も僕と同じくずっとサラリーマンだったし、

サラリーマン以上に稼げる方法を知りませんでした。

親も学校の先生から

「いい企業に就職しなさい」

と教え込まれてきたのです。

 

僕は自分の生活をより充実させたいので、

サラリーマンの常識を疑って、ネットビジネスの常識を信じることにしました。

 

こんなことをやっている人は日本では圧倒的に少数派です。

でも、稼ぐのに人数なんて関係ないんですよね。

どの常識が自分にとって得であり、損であるかと思っています。

むしろ、周りが信じているから自分も無思考で信じることは、

情報弱者がやることだと思っています。

まさに、昔の僕は無思考でサラリーマンをやっていました。

 

さらに、希少性の原理と言って、

知る人が少ないほど価値が高くなる場合がありますからね。

 

ここまで、色々話してきましたが、

常識だからと言って、無思考で信じては損をするかもしれないってことです。

そのためにも、まずは知識を付けましょう。

そうすれば、自分にとって得か損か判断できます。

逆に、知識がないと自分が損をしていることに気づかないし、

得をする可能性を潰すかもしれません。

 

あと、映画を通じてネルソン・マンデラのこと、黒人差別、

アフリカの地理について勉強できたことも良かったです。

 

教科書で勉強するよりも100倍楽しめました。

 

作品の続きが気になる方(今なら無料で見れるチャンス!!)

U-NEXTで続きが観れます!

U-NEXTは、動画配信サービスです。

 

僕は家で映画を観る時は、

TUTAYAなどでDVDをレンタルしていました。

 

でも、今は、このサービスを使って本当に良かったです。

 

まず、外に出ないので楽ですね。

借りる時、返却するときも外にでない、しかも天気も気になりません。

 

あとは、返却期間内に観れないとすごく、悔しい思いをしていましたがなくなりました。

「あー、映画観てないけど返さなきゃな」

といった思いはしなくなりました。

サービスの登録は、2~3分程度ですぐ終わって、

その後すぐに、スマホやPCが見放題の映画館みたいになりました。

 

今なら31日間無料トライアルを実施していますので、

この作品を視聴した後でも期間内であれば一切お金がかかりません

 

映画好きの方は、こちらからどうぞ↓

 


初めまして、ショウタクです。

僕は、仕事がうまくいかない落ちこぼれで、

コミュ障で女性にモテない友達が少なかったですが、

ネットビジネスに出会い地道に勉強して、

PC1台で家にいながら1週間で10万円稼ぐことができました。

 

さらに、努力してビジネスを仕組み化することで、

月30万円の不労所得を作り、脱サラしました。

 

そして、そのネットビジネスがきっかけで、

他の魅力的な起業家に出会い、友達ができるなど人間関係が得意になりました。

こんなことを書くと超怪しいですよね?

数年前の僕なら速攻疑っていましたので、その気持ち分かります。

 

でも、こんな世界もあるということを知ってください。

そのうえで、僕のブログを見て下さい。

 

僕の理念として、

ビジネスすれば人生誰でも逆転できると思っています。

ビジネスで仕組み化をして個人でお金を稼げれば、

お金に困らないし、

自由な時間を手に入れられる、

変な人と付き合わないので精神的に楽になるし、

長時間働くことがないので健康になれます。

だから、ネットビジネスは超おススメです。

 

毎日が退屈で、仕事が嫌になり、コミュ障だった僕が

どのようにして人生を変えたのか??

 

詳細はこちら↓

何のとりえもないサラリーマンがネットビジネスに出会って人生変わった物語


ブログでは話していない、限定情報はメルマガで話しています。

メルマガでは主に、

どのようにしてビジネスをする上で大事な、

仕組み化について話しています。

ビジネスを仕組み化すれば、あなたが遊んでいてもお金が入る夢のような生活ができます。

メルマガ登録は無料です。