鬼滅の刃「竈門炭治郎 」から学ぶ 成功するのに才能はいらない

こんにちは、ショウタクです。

 

今回は、

鬼滅の刃「竈門炭治郎(かまどたんじろう) 」から学ぶ 成功するのに才能はいらないについてお話します。

 

僕はマンガとアニメどちらとも見ました。

個人的にはアニメが好きです。

アクション漫画なので迫力が違いますね。

そして、大好きな鬼滅の刃を見ていると、

主人公がとても魅力的であることに気づいたので共有しようと思います。

ややネタバレになります。

 

話を戻すと、

成功するのに才能はいらないと言っている理由は、

「繰り返す努力」

しだいで人は変われるからです。

 

ここでいう成功とは、サッカーで例えると、

ワールドカップに行くまで成長するのではなく、

サッカー初心者が友達と試合をする程度には上手になるってことです。

 

この考えを身をもって実現したのが、

鬼滅の刃という作品の主人公である「竈門炭治郎 」です。

竈門炭治郎を知らない人向けに説明します。

 

鬼滅の刃とは、

舞台は大正時代の日本。

竈門炭治郎は町へ炭を売って帰って来た。

家に着いた炭治郎が目にしたのは惨殺された家族の姿だった。

そして一人生き残っていた妹の禰豆子(ねずこ)は鬼になっていた。

炭治郎は鬼にされた妹を人間に戻す為、そして惨殺家族の仇討ちの為に鬼狩りの道へと進む。

 

一応、アニメのPVを見るとキャラクターが分かります。

 

炭治郎が強い理由

炭治郎が何度も努力したからです。

 

炭治郎は元から強いキャラクターではありません。

 

唯一の特徴は、

鼻が利くことです。

においで鬼や人の気配が分かりますが、自分の体が強化されるわけではありません。

つまり、戦闘が有利になっても体力や技術は上がりません。

 

炭治郎は元々、

炭治郎は最初、炭を作って売るなども家業を手伝っている少年でした。

戦った経験もないし、剣術を身に付けてるわけでもありません。

要は、普通の少年です。

 

そんな炭治郎は、

鬼と戦うために師匠・鱗滝(うろこだき)のところで2年間も修行します。

 

修行内容は過酷なものが多く、

夜中、霧が深くて視界ゼロで罠だらけの山を下る、

手がもげそうなほど刀の素振り、

師匠・鱗滝と厳しい組手など毎日倒れそうになるまで修行をやります。

 

そして毎日こなすことで体力がついて慣れてきます。

「以前は辛かったけど、体が慣れてきた」

 

「この修行で成長しているぞ」

と強くなっている自分を実感します。

 

でも、修行の最後に師匠から、

自分の体より10倍くらいある大岩を刀で切れ

と言う課題を出されます。

 

炭治郎は戸惑います。

「え、こんなの切れるのか?」

「刀で岩を切るって意味が分からない」

「切れる気がしない、刃こぼれするでしょ」

と突然なんの説明もなしに出された課題をこなす自信をなくします。

 

でもやるしかなのでとりあえず大岩切りに挑戦しますが、失敗します。

そこから半年間、師匠に教わった修行をひたすら繰り返しますが、

一向に岩は切れません。

 

炭治郎は焦ります。

「まだ鍛錬が足りない。もっと頑張らないと」

とさらに修行を厳しくします。

 

でも、岩は切れません。

「俺は、ダメなのか」

と心が折れそうになります。

 

そんな炭治郎の前に、錆兎(さびと)と真菰(まこも)が現れます。

彼らは、炭治郎と同じ師匠の兄弟子たちです。

しかも、2人は炭治郎が苦戦している大岩切りを成功させていました。

 

そこから、先輩2人は炭治郎に半年間剣の訓練をしました。

その結果、炭治郎はとても強くなって大岩切りに成功します。

 

最初は炭を作って売る家業をしていた少年が、

体力も技術もある立派な剣士になりました。

彼は、天才とか、才能・センスがあるわけではなく、

2年間の過酷な修行をやってきた努力で強くなったのです。

 

ビジネスも才能やセンスはいらない

ビジネスで稼いでいる人は、

元々勉強ができる人、人とは違うセンスや才能を持った人、

しか成功できないイメージがありますが、

実際は違います。

 

誰しもが最初はゼロからスタートして、

失敗を繰り返しながら稼げるようになるのです。

 

僕の話をすると最初は何も知りませんでした。

 

ビジネス?の状態からスタートして、

「ブログってどうやって書くの?」、

「書いたけど誰も読んでくれないじゃん」、

「頑張ったけど売り上げがでないよ・・・」

と慣れない作業と失敗続いて自信を無くしました。

 

でも、諦めず学んだことを繰り返し実践したことで、

知識が自分の血肉になりました。

そして、稼げるようになったのです。

 

これに似たようなことを鬼滅の刃の錆兎(さびと)が炭治郎に言っていました。

「お前は、師匠・鱗滝さんから教わったことを知識として覚えただけで、使えてない」

 

この言葉はとても響きました。

 

ビジネスのことを色々学んだ時に、

「ふーん、なるほど」

で終わっては意味がなく、

学んだことを実践しないと覚えたことにならないのです。

知識は、過去に学んだことを思い出すことで身に付きます。

インプットだけではダメで、

インプットとアウトプットを同時にやるのです。

アウトプットの方法は何でもいいです。

ブログを書いたり、人に教えたり、

一番簡単なのは、何も見ないで口に出すことです。

 

最初はきっと苦戦します。

「あれ?覚えてないぞ」

でも、繰り返すことで、

0→1、1→2とどんどん知識が身に付きます。

 

色々話しましたが、今回は以上です。

 

成功するには才能なんていらないし、努力で人は変われます。

そのことを炭治郎が教えてくれました。

 

ビジネスで稼ぐにはセンスや才能が必要ありません。

 

成功するためには、学んだことをひたすら繰り返して、

自分のものにするのです。

インプットした情報をアウトプットすることで自分のものになります。

そうすれば稼げるようになります。


初めまして、ショウタクです。

僕は、仕事がうまくいかない落ちこぼれで、

コミュ障で女性にモテない友達が少なかったですが、

ネットビジネスに出会い地道に勉強して、

PC1台で家にいながら1週間で10万円稼ぐことができました。

 

さらに、努力してビジネスを仕組み化することで、

月30万円の不労所得を作り、脱サラしました。

 

そして、そのネットビジネスがきっかけで、

他の魅力的な起業家に出会い、友達ができるなど人間関係が得意になりました。

こんなことを書くと超怪しいですよね?

数年前の僕なら速攻疑っていましたので、その気持ち分かります。

 

でも、こんな世界もあるということを知ってください。

そのうえで、僕のブログを見て下さい。

 

僕の理念として、

ビジネスすれば人生誰でも逆転できると思っています。

ビジネスで仕組み化をして個人でお金を稼げれば、

お金に困らないし、

自由な時間を手に入れられる、

変な人と付き合わないので精神的に楽になるし、

長時間働くことがないので健康になれます。

だから、ネットビジネスは超おススメです。

 

毎日が退屈で、仕事が嫌になり、コミュ障だった僕が

どのようにして人生を変えたのか??

 

詳細はこちら↓

何のとりえもないサラリーマンがネットビジネスに出会って人生変わった物語


ブログでは話していない、限定情報はメルマガで話しています。

メルマガでは主に、

どのようにしてビジネスをする上で大事な、

仕組み化について話しています。

ビジネスを仕組み化すれば、あなたが遊んでいてもお金が入る夢のような生活ができます。

メルマガ登録は無料です。