もし夢の中の夢の中に入り込んだら 映画「インセプション」をレビュー

こんにちは、ショウタクです。

 

今回は、

映画「インセプション」

についてレビューします。

 

ネタバレはナシです。

 

映画のあらすじ

コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、

その潜在意識の奥深くにもぐり込んで

相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。

普通であれば他人に自白させないと分からない情報でも、

簡単に盗める。

しかも、寝ている状態で盗んでくるのでほぼ防ぎようがない。

 

彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、

やがて国際指名手配犯となってしまう。

そんなある日、

コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。

インセプションは相手の潜在意識に思想を埋め込むことである。

 

 

 

映画の感想

とにかく発想がすごいです。

夢の中に入り他人のアイディア盗む、

夢の中に入り他人に思想を植え付ける

 

今回は、植え付ける場合です。

これを「インセプション」と言います。

他人に思想を植え付けることで相手に悟られずに操ることができます。

他人は植え付けられたことが分からないのです。

あくまで、自主的に動いたと思ってしまうのです。

 

また、夢にはルールがあり、

多層次元、時間経過の違い、起きる条件などあります。

 

ネットの評価では設定が複雑と言われていますが、

何となくわかっている状態でも楽しめました。

SF映画は、感動することが少ないのであまり楽しめませんが、

この映画は設定の面白さがありました。

 

あとは、この設定を監督であるクリストファー・ノーランが

20年以上前から考えたということに驚きました。

20年も同じことを考え続けるとは、僕には想像できない事です。

ノーランはバットマンのダークナイトやインターステラーなど超有名作品の監督です。

 

この監督は、CGよりもアナログ派なので、

映画にあるホテルでの戦闘シーンが実際にセットを使って撮影したと知った時には、

「これをリアルでやっているの?」

と驚きました。

 

作品の続きが気になる方(今なら無料で見れるチャンス!!)

U-NEXTで続きが観れます!

U-NEXTは、動画配信サービスです。

 

僕は家で映画を観る時は、

TUTAYAなどでDVDをレンタルしていました。

 

でも、今は、このサービスを使って本当に良かったです。

 

まず、外に出ないので楽ですね。

借りる時、返却するときも外にでない、しかも天気も気になりません。

 

あとは、返却期間内に観れないとすごく、悔しい思いをしていましたがなくなりました。

「あー、映画観てないけど返さなきゃな」

といった思いはしなくなりました。

サービスの登録は、2~3分程度ですぐ終わって、

その後すぐに、スマホやPCが見放題の映画館みたいになりました。

 

今なら31日間無料トライアルを実施していますので、

この作品を視聴した後でも期間内であれば一切お金がかかりません

 

映画好きの方は、こちらからどうぞ↓


家に引きこもりがち、

仕事がうまくいかない落ちこぼれ、

コミュ障で友達が少ない僕が

ネットビジネスに出会い地道に勉強して、

PC1台で家にいながら1週間で10万円稼ぐことができました。

 

さらに、努力してビジネスを仕組み化することで、

月30万円の不労所得を作り、脱サラしました。

もう、会社に行かない自由な時間とお金な生活になりました。

 

そして、そのネットビジネスがきっかけで、

他の魅力的な起業家に出会い、

友達ができるなど人間関係が得意になりました。

詳細はこちら↓

何のとりえもないサラリーマンがネットビジネスに出会って人生変わった物語


ブログでは話していない、初心者がするべきネットビジネスの稼ぎ方についてメルマガで話しています。

僕が初心者の時に、やって失敗したネットビジネスについても話しています。

メルマガ登録は無料です。