よい睡眠をするために覚えたい3つの食事習慣

こんにちは、カケルです。

 

今回は、不眠症で悩んでいた僕が改善するために、

やった睡眠と食事に関する情報を3つお伝えします。

その3つとは以下です。

・睡眠と食事の関係

・良い睡眠を取るために理想の食事時間帯

・睡眠に悪い食事

 

 

睡眠の質と食事の関係

食べた直後に眠ると、

胃の消化にエネルギーを優先してしまい、寝ても体が十分に休まりません。

本来であれば寝ている時は、体を休める時間なので、

他事にエネルギーは消費されずに、体内の細胞再生が行われます。

つまり、寝る直前に食事をすると寝ても疲れが取れにくくなります。

 

良い睡眠を取るために理想の食事時間帯

それは、睡眠3時間前です。

睡眠3時間前であれば、

食べたものが消化されて、活発に動いていた内臓が落ち着き始めます。

なので、睡眠が23時であれば、20時までには食事を済ませることが理想です。

 

ですが、仕事が遅くなって食事が寝る直前になる人もいると思います。

そんな時、僕であれば、

18時くらいに一度軽食を取ります。

例えば、おにぎり1個などです。

そして、仕事が終わった後に夕食は、量を減らします。

こうすることで、胃の負担が減らせるので、眠る直前に大量に食事をするよりも寝やすくなります。

 

睡眠に悪い食事

それは、

インスタント、

スナック、

レトルト、

清涼飲料などです。

 

これらの食品には、

変質を防ぐリン酸塩が含まれます。

このリン酸塩が体内のカルシウムを排出する作用を持っていて、

人は体内のカルシウムが減ると落ち着かなくなり、寝にくい状態になります。

これらの食事は避けることをお勧めします。

 

以上が、

不眠症で悩んでいた僕が改善するために、

やった睡眠と食事に関する情報です。

よかったら、参考にしてください。