手汗で20年間悩んでいた僕が制汗剤に出会い、たった1ヶ月でさらさな肌をゲットした

僕は、制汗剤に出会ったことで、サラサラな肌を1ヵ月で手に入れて、

女性と手を繋げるようになりました。

さらに手汗が気にならないので自信がついて、

人前で余裕をもって話せるようになりました。

そして仕事も上手く行くようになりました。

 

そんな今では手汗で悩まなくなった僕でしたが、

以前は手汗のせいで苦労した人生を送っていました。

 

僕の手汗は、小学生のころから気になっていました。

学校のテストで問題を解いていると、

「いい点数取らないと」という緊張から手汗が出て、

プリントがシワシワになっていました。

シワシワのテスト用紙は書きにくいし、

間違えて消しゴムで消すときに破いてしまったことがありました。

なので、書くときはつねにハンドタオルを手の下に置いて、

直接、手と用紙が触れないように気を使っていました。

こんなことをしているのは、周りで僕だけでした。

 

他には、体育の授業でクラスメイトと手を繋ぐことあったので、

その時は最悪でした。

「手汗がバレる、ヤバイ、恥ずかしい」

と緊張していました。

相手は男子でしたが、

僕と手を握ったら相手は、

「うわ!濡れてる。ヤモリかよ」

とびっくりしていました。

その一言から、他人と手を繋ぐことが怖くなりました。

「僕が手を繋いだら気持ちが悪いと思われて嫌われるかも」

「だったら、始めから他人と仲良くなることはやめよう」

と自分には他人と仲良くなることはできないと自信を無くしました。

 

そして、僕は高校生、大学生、社会人になっていきました。

相変わらず手汗のせいで、人間関係が苦手で、勉強や仕事が満足にできない状態が続きました。

勉強や仕事は、

手汗をハンドタオルで拭いたり、何度も手を洗って何とかこなしていました。

 

1番の問題は、人間関係です。

30代になっても

友達が少ない、

彼女がいない、

自分から話すことが苦手な人間でした。

 

だから、毎日家と会社の往復で終わっていました。

何のために働いて、何のために生きているのか

自分を好いてくれる人はほとんどいない。

人生、楽しくないと常に思っていました。

 

そんな僕が、ある日ネットである制汗剤を見つけます。

ですが、

「そんな、便利なものがあるなら苦労しないよ」

「高校生の時に、制汗スプレー使ったけど効果なかったしな」

とどうせ効果がないと決めつけて、

気になりましたが買いませんでした。

 

その日の夜、

ふと、ネットで見た制汗剤のことを思い出します。

 

「手汗がなくなったら人生楽しいだろうな」

「彼女と手を繋いで歩いたら、最高だろうな」

「でもな、20年間手汗が止まらないし、

あとは僕が陰キャでコミュ障だから女性と手を繋ぐことは、絶対に無理だろうな」

「さあ変な妄想していないで、さっさと寝るか」

とちょっとワクワクしてその日は寝ました。

 

そして、数日が経ったときに、

僕は同じ手汗の悩みを持つ数少ない友達と出会う予定でした。

彼は僕よりも手汗が酷くて、

ハンカチよりもさらに大きなフェイスタオルを持ち歩いていました。

同じ手汗の悩みを持っていたので、

仲良くなりやすかったです。

そんな、彼と久しぶりに会うのを楽しみしていました。

 

そして、彼とお店で待ち合わせをしました。

彼と出会った時にある違和感を感じました。

なんだか顔つきが違うし、

いつも持っていた厚手のハンドタオルを持っていないかったのです。

「なんか昔と雰囲気違わない?なんかあった?」

と聞きました。

彼は、制汗剤で変わったと言っていました。

僕が以前ネットで見つけた制汗剤です。

最初は疑っていたけど、

毎日、1分間だけケアし続けたら、1ヶ月後には手汗が止まって、

涙が出るほど嬉しかったと語ってくれました。

 

そんな友人が羨ましかったです。

 

僕も制汗剤を買って変われるかも。

 

そして、ネットで気になっていた制汗剤を購入しました。

僕は、届いた制汗剤を毎日寝る前に塗っていました。

始めは変わりませんでした。

「あれ?もしかして効果ない?」

 

でも1ヶ月を過ぎたころから変化が現れました。

プリントを持ってもシワシワになりませんでした。

「あれ、汗をかいていない」

「紙がシワシワになっていないぞ」

この時に、制汗剤の効果を実感しました。

 

さらに、人と話していても手汗が気にならなかったです。

なので、常に持っていたハンドタオルを手放すことができました。

 

そして、手汗で人に嫌われると思い避けてきた恋愛に挑戦して、

彼女を作ることができました。

 

もし、手汗を一生止めることができなかったら、

彼女はできなかっただろう。

いつまでも他人が怖くて、

仲良くなれないから孤独だっただろう。

毎日、会社と家の往復、休日は家に引きこもる。

ただネットやテレビを見続けるだけで、楽しい事は全くない。

本当は友達が欲しい、彼女が欲しい。

 

でも、自分は手汗が酷いから無理だと思っている。

いつかは手汗が止まるだろうという根拠のない自信をもって、

ただ時間を無駄にしていただろう。

 

以上が、手汗で20年間悩んできた男の話です。

 

僕は、手汗でずっと悩んで人生を無駄にしてきました。

10代、20代に友達ができない、好きな人ができませんでした。

もっと早くから制汗剤を使って手汗対策をしていればと後悔しています。

僕が以前やっていた手汗対策は、

手を洗う、

ハンカチで汗を拭くなど一般的なものです。

しかし、これらの対策は、

その瞬間に効果があっても、

手汗が出た後の対策のため根本的な解決には至っていませんでした。

 

ですが、僕がやった制汗剤は、手汗を出る前に予防する対策です。

今まで、手汗は生まれつきのもので、

どんな対策をしても手汗は止まらないと思っていました。

 

ですが、しっかりとした制汗剤を買うことで、

ずっと手汗が出続けていた僕の肌が変わりました。

 

このブログでは、手汗で悩む人向けの情報を発信しています。

僕の話が面白いと思った方は、興味のある記事から見て下さい。

 

誰かの、助けになれば幸いです。