手汗で「自分に価値がない」と自信を無くしている人をなくしたい

 

僕は、

手汗で「自分に価値がない」と自信を無くしている人をなくしたいです。

 

 

僕は、制汗剤に出会ったことで、

手汗に悩まないサラサラな肌を手に入れることができました。

 

そのおかげで、

女性と手を繋いだり、

プリントをためらわず他人に渡せるようになったり、

マウスやPCに手汗の跡が残らなかったりするようになりました。

 

こんな僕ですが、少し前までは約20年間手汗に苦しめられました。

僕の手汗は緊張する時はもちろん、

テレビを見るなどリラックスした時にも手のひらが熱くなって、

じわっと湿っていたのです。

 

なので、まず人と手を繋ぐことが嫌でした。

だって、僕の手汗で相手に不快感を与えるとずっと思っていたからです。

初対面の人と握手、ハイタッチなどをやる時は常にドキドキしていました。

そして、手をハンカチでバレない様に拭いた後に握手します。

「手汗がバレませんように」

そう願っていました。

だから、手汗が出ていた頃は、他人に触れることが苦手でした。

 

僕は手汗で20年間自信を失っていました。

「自分は手汗で汚い」

「僕の手汗で他人に嫌われるかも」

「一生、気持ち悪い手のままだ」

 

そんな僕が手汗の制汗剤に出会いました。

最初は、嘘くさくて信用していませんでした。

でも、手汗で悩む友人が制汗剤で人生変わったことを知って、

僕の人生を変えてみたいと思ったので、いざ制汗剤を購入しました。

 

そして、毎日制汗剤を塗り込むことで、

1ヶ月後にはサラサラな肌を手に入れていました。

 

僕は、

手汗で「自分に価値がない」と自信を無くしている人を

なくしたいと思っています。

 

理由は、人生せっかく生きているなら、

自信を無くしてやりたいことをガマンするのは、

もったいないと思います。

 

10代、20代のときに、手汗で自信を無くして、

1人でいることが多かったです。

本当は、友達が欲しい、彼女が欲しいと本心では思っていました。

でも、手汗が止まらないし、プライドが高いので自分の本心にフタをして生きてきました。

だから、後悔しています。

 

手汗をかきやすい人は、人より少し汗の量が多いだけです。

別に、変でも体がおかしいわけでもありません。

だから、手汗の量を抑えれば普通の人と何も変わらない生活を送ることができます。

そこで、手軽にできる制汗剤を僕は勧めています。

制汗剤は、毎日手に塗って少しづつ手汗を抑えていきます。

 

よく、手汗を抑えるには手術をすると聞きますが、

僕はおすすめしません。

汗が出る管を物理的にカットするので、手汗は収まりますが、

副作用で脇や背中など別の場所から汗が出やすくなります。

そして制汗剤は体に傷をつける手術と違って、手軽にできます。

 

あと、若いうちに自信を無くして何もしないと、

10年後、20年後になにもない大人になってしまいます。

実際僕も、30代なので後悔しています。

だから、今から手汗を改善して恋愛、勉強、仕事など色々なことに積極手に挑戦して、

後悔しない自分の人生を送ってほしいです。

 

僕は、手汗で悩んでいるなら制汗剤を使って、

新しい人生を手に入れてほしいです。