オタクでコミュ障かつ彼女いない歴=年齢の男がたった3ヶ月で可愛い彼女をゲットできた話

はじめまして、ショウタクと言います。

 

僕は、29歳にして初めての彼女ができました。

しかも、有村架純さんみたいに可愛い子です。

(イメージ)

 

そして、童貞を卒業できました

また、彼女ができてからは、

・女性に好かれる男になった

・女性の友達も増えた

・男の友達も増えた

・女性と楽しくトークができる

・女性に話しかけやすいと言われた

・初対面の人でも緊張することなく話せるようになる

・自信を持てるようになる

と今までの人生で味わったことのない体験ばかりで、

本当に嬉しいです。

 

今は、彼女がいますが、

昔はまったく違いました。

元々僕は、

・コミュ障、

・陰キャ、

・素人童貞、

・彼女いない歴=年齢、

・ガリガリな体型

・毎日AV鑑賞

・趣味は、

アニメとゲームのオタク

(jojo、ゴールデンカムイ、シャドバ、パズドラが好き)

などと言ったように非モテ男でした。

 

学生時代は暗黒時代

僕の学生時代は暗黒時代でした。

例えば、

・高校時代のクラスは女子の方が男子より多かったので、

「僕にも彼女ができるかも」と浮ついていたら、

買い手がつかない売れ残りになった。

周りはカップルだらけで、自分だけボッチ確定だった

ここでモテカーストの底辺を実感した。

・非モテの男子といることが多くなり、

友達のすすめからゲームやアニメにはまってオタクになり、

一部の凶暴な女子から、オタクであることをいじれられるが、

ヘラヘラすることしかできない。

そして、「美少女好きキモオタ」のレッテルを貼られる。

(当時、ハルヒとエヴァにはまった)

「まじ、集団でいる女子高生怖すぎ」と感じ女子に恐怖する。

・体育の授業で、女子とダンスをする時があり、

緊張+多汗症の僕は手汗がヤバかった。

手を握った時に、「なんでこんなに湿ってるの!」と言われ辛かった

・大学時代になっても相変わらず非モテだった。

理系だったこともあり、周りが非モテ男子ばかりで、オタク・非モテ化がさらに加速する。

・アニメ12話視聴(約6時間)が苦痛に感じなくなる

・アニメ好きの友達とカラオケに行ってアニソン縛りカラオケ6時間耐久する

・1日の会話の内容がほぼアニメとゲームで終わる

・駅前のデパートやスタバなどオシャレで女性が多いところに恥ずかしくて入れなくなる。

・最近、会話した女性が母親とコンビニの女性店員のみ

・ゲームやアニメを徹夜でやり翌日の講義を休むクズ学生になる

・高校時代の同窓会に行ったときに、「彼女いるの?」と聞かれて、

「いるよ(震え声)」と見栄をはりウソをつく

彼女がいない自分が周りと違い、恥ずかしかったのです。

・骨と皮だけのガリガリな体型を

「アンガールズ田中」、「進撃の巨人の奇行種」

と友達にいじれられてへこむ

・AVを毎日見ては悲壮感に襲われる。

でも、性欲はあるのでまたAVを見る。

・研究室が同じになった後輩女子に、

「○○先輩って、彼女いるんですか?」と飲み会の場でいじられて何も言い返せない

などその他たくさんのオタク・非モテストーリがあるヤバイ時代でした。

 

先輩に童貞であることがバレた

社会人になって、僕は少し自分に自信が付きました。

それは、上司や同僚と会話をしないと仕事が成り立たないので、

コミュ障が少し改善されたことです。

ただし、会話相手は男限定です。

それと、学生時代は、イケメンで背の高い奴がモテていましたが、

社会人になると仕事ができる奴もモテることに気が付き自信がちょっぴり出てきました。

でも、オクテで恋愛経験ゼロだから恋愛の方法が分からず、自分の何が悪いか分からなかったです。

そして、彼女がいない自分が恥ずかしくて周りに相談することができませんでした。

「周りの男は彼女がいるのに僕だけいない。」

周りから

「あいつはヤバイ奴」

と思われ嫌われたらたらどうしようと不安だった。

社会人になっても周りは男性ばかりで出会いがありません。

女性はいるけどパートの40~50代くらいのおばちゃんしかいませんでした。

毎日、家と会社の行き来だけ平日は疲れ果ててしまい、休日は家にこもってゲーム・アニメ三昧という生活を続けていました。

家で遊んでいる時は、

モテない自分を忘れることができて楽しかったですが、

ふとした瞬間に、孤独を感じて、

「本当は彼女がほしい」

「女の子と遊びに行きたい」

という気持ちがありました。

「このまま、一生1人だったらどうしよう・・・」

恐怖して眠れないときもありました。

さらに、孤独がヤバかった時は、

コンビニのおっさんにお釣りを渡されたときに人のぬくもりを感じて

「あ、人の手ってこんなにあったかいのか・・・」

と手を握りそうになったこともありました。

実際に手は握り返していませんが・・・

 

しかし、ある日、今まで秘密にしていた「童貞」であることを会社の先輩にしゃべってしまいバレました。

そして、ある飲み会で先輩たちから

「さすがにお前の歳で童貞はヤバイって」

「おごってやるから、社会経験として明日、この金で風俗に行って童貞捨ててこい!」

「あと、その体験レポート聞かせて!」

と言われました。

言われた時は、風俗が怖くて嫌だったが、

先輩たちに30分くらい風俗の良さについて説明されて、

「行ってもいいかな・・・」

と言う考えになっていた。

そして、飲み会後になぜか軍隊ノリが始まり、

先輩「君に、風俗に行ってくる任務を与える」

先輩「無事、帰還を祈る」

と敬礼されて僕は見送られました。

 

最悪な風俗体験

結論から言うと、この風俗体験が僕にとって、とんでもない日になりました。

次の日、浅草に行き、

指定の場所で迎えの車を待っていました。

しばらくすると、黒塗りのベンツが来ました。

車の中から、黒スーツで身を包んだ強面の大男がぬっと出てきて、

「田中様(偽名で予約した)、いらっしゃいますでしょうか?」

と声を上げるのです。

 

「おいおい、自分じゃん。しかも、おっさん見た目ヤ〇ザでめっちゃ怖い」

と心配になりながらも、僕はそのベンツに乗り込みました。

車の移動中は、とにかく怖かったです。

そのまま、港など人気がない所にでも連れていかれそうな気分でした。

そして車内は、

EDMが爆音で流れていますし、

なぜかおっさんがでかい声でめっちゃしゃべってくるのです。

「お兄さん、大学生?」みたいに

 

そして、10分くらい大男と恐怖のドライブをしてお店につきました。

店に入るとボーイらしきおじいさんが出てきました。

このおじいさんも怖くて、何歳か分からないほど顔にシワがあり、よく見ると歯が無いのです。

見た目は、まさにぬらりひょんみたいな妖怪でした。

その時、

「おいおい、大丈夫か?」

と心配になりました。

そんな、こんなで待合室に行って、お金を払いつつ、女の子を選びました。

ボーイに、

「若くて、可愛い子ならこの子がおススメです。」

とある女性の写真を見せられました。

写真を見たときは、

「お、可愛い」と思いその子を指名しました。

風俗は怖いイメージでしたが、こんな可愛い子といまから会えると思うとワクワクしてきました。

「こんな可愛い子に会えるなら、悪くないかも」

 

そして、数十分待ったあと、待合室を出てから店の奥に移動して、

ついにあの写真の子とご対面しました。

嬢「はじめまして~。」

僕「は、じめまして・・・?」

ここで違和感がした。

何かがおかしい。

写真だと20代前半の女の子なのに、そこにいたのは40~50代くらいのおばちゃんでした。

「あの、写真詐欺じゃん!」

と思いつつも、僕に考える暇を与えないためか、

嬢にすばやく手を引かれて、奥の薄暗い部屋に連れ込まれました。

そして、ぬらりひょん似のボーイは「ごゆっくり」と笑顔で見送ってくる。

「俺、どうなってしまうのだろう・・・」

今、思うと山姥に食われるような気分でした。

 

その後、おばちゃんから2時間サービスを受けて、最後に無残にも無理やりしごかれました。

ヤ〇ザみたいな大男、ぬらりひょん、おばちゃんと、

人生最大のショックを受けて僕の風俗体験は終わりました。

すべての風俗がこんな感じでないと思いますが、僕の童貞を捨てた日は最悪でした。

でも、その日があったおかげでプライドは壊れました。

童貞、非モテ、オタクとかにコンプレックを感じていたけど、

「別に悩むことないのかも」

と吹っ切れました。

僕は、あの風俗体験をして一度死んだ感じがしました。それくらいショックでした。

一度人生死ぬ事でを送ることで僕の中の何かが変わりました。

まるで、子供が試練を乗り越えて成人になるアフリカ部族の通例儀礼みたいな感じです。

 

僕にとって風俗が通例儀礼でした。

それ以降、「彼女がほしい」と開き直って言えるようになりました。

今までは、つまらないプライドがあって、

「彼女なんていらない!」、「2次元最高!」ってフリをしていました。

だから、周りが恋愛の話になると、無言になったり、ウソを言っていました。

例えば、高校時代の修学旅行で他の男子が恋愛話をすると、

寝たフリをしてその場をしのいだり、

リアルの女性に興味あるのに、

「俺の嫁は○○ちゃん(アニメキャラ)」と周りに言ってました。

もう、いい年だしそんな子供みたいに変なプライドを持つ事はやめようと決意しました。

 

恋愛に素直になっていざ行動したが敗北

そこから、彼女を作る努力をしました。

「今まで俺をバカにしてきた奴ら、見てろよ!」

「ほかの男なんて比べ物にならないくらいカッコいい男になってやる!!」

とナルトが火影を目指すくらいに火がつきました。

僕には、もう変なプライドがないからここまで言えるようになったのです。

 

彼女をつくるためにやって上手く行かなかったことは、

・友達にお願いして合コンに参加する

 結果は、いまいちでした。

 理由は、女性としゃべり慣れてないときつかったからです。

 周りが話している会話に僕だけ参加できない、

 また気になる女性がいてもその子と上手く話せず仲良くなれませんでした。

 周りの会話の流れを読みながら、個人的に質問するのに苦労しました。

 しかも、男性側に僕よりもトークができる奴が女性の注目を集めて、

 僕にあまり興味を持ってもらえませんでした。

 だから、合コンは女性慣れしていてトークが上手、

 おしゃれなどある程度モテる男性であれば、合コンはいいかもしれません。

 しかし、恋愛経験ゼロの僕にはきつかったです。

 あと、欲張りかもしれませんが、好みでない女性と2~3時間ずっと話すのは、

 きつかったです。

 

・街コンに参加しました。

 一度に多くの女性とお話するために東京で街コンに参加しました。

 しかし、これもダメでした。

 理由は、1度に多くの女性と会うため、1人と話す時間が6~7分と短めなので、

 トークが下手な僕は、女性と仲良くなれませんでした。

 あと、相手の記憶にも残りにくいのです。

 だから、1回に10人の女性と話しても、記憶に残っているのは、2~3人程度なので、

 合コンと効率がそんなに変わらないです。

 

 あと、合コンの時も言いましたが、

 他の参加男性と見た目やトーク力が比較されます。

 だから、他の男性より、イケメンやおしゃれ、トークが上手でないと、

 その後のデートに繋がりにくいです。

 あと、可愛い女性は他の男性も狙っているので競争率が高く厳しかったです。

 

・話が下手な僕でも女性と仲良くなれるために恋愛本を参考にする

これも、いまいちでした。

このときは、とあるナンパ師が書いた本を読みました。

その本には、著者のナンパ師が女性を口説くために

使ってうまくいったフレーズや行動が書いてありました。

例えば、「女性と仲良くなるには、○○を言え!」または「○○をやれ」みたいな感じです。

これを見た僕は、これを使えばうまくいくかもと期待しました。

 

そして勉強したことを実践で使おうとしたのですが、うまく使えなかったのです。

理由は、ナンパ師が使って女性を口説けても、

恋愛経験がない僕が使うと違和感が出てくるのです。

どうしても、僕だと無理をしている感が出て、緊張が出てしまって、

女性に「あ、こいつ無理してるな」勘づかれてしまうのです。

女性のほとんどは、僕のような女性とまともに会話できないような男性を好みません。

理由は、一緒にいても楽しくないからです。

こんな感じで、僕の彼女作りは困難を極めました。

 

でも、諦めきれなかったので、

「なぜ、彼女ができないか?」、「どうすれば彼女ができるのか?」など、

根本的に彼女を作る方法をめっちゃ勉強しました。

恋愛本を読んだり、ネットで売られている恋愛情報を買ったりなどしました。

とにかく、情報を集めました。

すると、あることが見えてきました。

 

モテる男の代表と言われるナンパ師の本やネットの情報は、

「モテる男がするからモテるんだろ」

とツッコみたくなる内容が多く感じます。

「非モテの僕がマネしてもキモいだけでしょ!」

「それができたら非モテで悩まないよ!!」

と言いたくなります。

 

また、ナンパ師やヤリチンは、

女性を口説く事がギャンブルのように楽しく感じるという才能がある人たちであり、

真面目な恋愛をしたい僕のような人には合わないと感じました。

僕は、ナンパをしたいのではなく、1人の彼女を作りたいのです。

そこから、ナンパ師がやる恋愛方法とは違うモテる方法を探し、学びました。

 

僕が彼女を作るために考え出した方法

それは、

「女性に好かれる方法」と「女性と効率よく出会う方法」

です。

それぞれの方法について説明していきます。

 

まず、女性に好かれる方法です。

この方法によって出会った女性と恋愛関係になる成功率が上がります。

僕は、女性に

「これって脈あり?違うの?女ってわからん!」

と頭を抱えていました。

女性からの好意って見抜くの難しいですよね?

「女ゴコロがわかれば良いのにー!」と嘆いていました。

 

女性は素直になれない生き物です。

“好き”という気持ちを隠してアピールしちゃうのが女性心理です。

でも、女性も同じ人間です。

好きな男性に対して本能的にやってしまう態度や行動がいくつかあります。

ここには必ず女性ならではの心理が隠されています。

 

つまり、女性心理を知れば、

多くの女性が何に喜び、悲しみ、怒り、好きになる、嫌いになる、

など感情を知ることができます。

この、相手の感情が分かることが恋愛において重要になります。

この女性心理に基づいて、

見た目、仕草や行動、コミュニケーション、恋愛関係になる方法

を勉強して変えていきました。

 

つぎに、女性と効率よく出会う方法です。

合コンや街コンでは好みの女性が見つからず、

時間とお金を無駄に使ってしまったので、効率重視の方法を探しました。

その結果、行きついたのがマッチングアプリです。

マッチングアプリのメリットは、

隙間時間を利用して異性と会える、

数万人の女性が恋愛対象、

どんな場所にいても異性と会える、

合コンや街コンに比べて安いなどがあります。

このマッチングアプリのおかげで、好みの女性と出会う確率が高くなりました。

もし、マッチングアプリで上手く行かない方が、

いましたらまずはプロフィール写真を徹底的にこだわってください。

それだけでも、女性の反応はかわります。

 

以上の方法で、

男性としての自分の魅力が上がり、

女性受けがよくなり、

女性と楽しく会話することができました。

そして、好みの女性に出会い、

仲良くなった女性と付き合うことができました。

僕に念願の彼女ができたのです。

そこらへんの詳しい話は、メルマガで話しています。

 

女性心理を無視しては彼女はできない

僕は、彼女のできない男性の1つ目の特徴として、

先ほど言ったの女性心理を知らないからだと思います。

だから、女性と話していても、

相手がどんな感情を抱いているか分からなくなって、

不安になり男性がしゃべりすぎてしまう。

そうすると女性は、

「あー、この人は私のことを理解していないのね」

となり恋愛対象にならないのです。

 

多くの女性が好きなタイプは、

「この人は私のことを理解してくれる」、

「楽しく話せる」

と感じる男性です。

つまり、女性心理を理解している男性です。

 

しかし、男性向けの恋愛に関する情報はなぜか、

「○○な言葉を言えば、どんな美女でも秒で落とせるぜ!!!!」

みたいな女性心理を無視した情報が多いと感じます。

でもそんな情報に怪しさを感じても彼女がほしい男性からすると魅力的だったりします。

 

彼女ができると退屈な人生が面白くなる

僕は、彼女ができると人生が変わると思っています。

非モテの時は人生が楽しくなくて、退屈でした。

僕の場合、行きたくもない会社に行って、

家に帰ってからはひたすらアニメとゲームをする。

これで1日が終わっていたのです。

僕は彼女を作ってからは、

彼女と連絡を取り合ったり、

週末にデートに行くことで退屈な日々から抜け出しました。

あと、好きな人ができるとつまらない仕事も頑張れました。

 

もし、僕が今でも彼女ができない非モテだったら、1人でずっと退屈だと思います。

人生に生きる目的がない時間が後何十年も続いたかもしれません。

そう考えると恐ろしいです。

最悪、孤独死さえあり得たかもしれません。

実際、1人くらしの高齢者男性の6人に1人が、

だれともしゃべらない生活を送っているとも言われてます。

 

あと、僕は、非モテの男性がモテるようになって人生を楽しんでほしいと思っています。

なぜなら、モテないよりモテた方が楽しいからです。

僕は、家でゲームやアニメ、YouTubeなどやっているのも楽しいですが、

今は彼女と外に出かけている方が楽しいです。

あと、女性の友達とおしゃべりするのも楽しいです。

人生は何もしなくても勝手に進みます、

だからどうせ過ごすなら女性にモテる人生の方がいいと思います。

 

今まで彼女がいないのはあなたのせいではない

僕は彼女がずっといないときは他の男性より劣っていると内心感じていました。

「周りの男性は彼女がいるの僕だけいない。もしかした僕はダメな人間なのかも」

でもそのように感じている人がいるならば、そんなことは全然ありません。

モテない人が人間として劣っているとかスペックが低いと言う訳ではないのです。

単に、女性心理を知らないだけです。

だから、

どんな格好をすれば好かれるのか?

どんなことを言えば仲良くなれるのか?

恋愛感情を持ってもらうにはどうすればいいか?

などがわからないだけです。

でも、知らなくても単純に学べばいいのです。

 

女性心理は、学校でも会社でも教えてくれません。

だから、モテなかった僕としては、異性との付き合い方などを義務教育にしてほしいほどです。

ので、モテない人がいるのはしょうがないのです。

実際、29歳まで僕も非モテでした。

 

何も行動しないでモテないと決めつけて非モテを貫くのはもったいないです。

もしかしたら、

ちょっと行動すれば今まで自分とは釣り合わないと思っている、

美人な彼女ができるかもしれないのです。

だから僕は、彼女ができないと嘆く男性は女性心理を学ぶべきだと思います。

もし今の生活に満足しているなら別に彼女はいらないと思います。

でも、どこか心の隅に女性にモテたいと言う気持ちがあるならば素直になるべきです。

 

7割以上の男女に交際相手がいない恋愛市場

日本のカップルは少ないです。

「現在の恋人の有無」を調査したところ、

「恋人がいる」のは全体の26.5%であり、「恋人がいない」のは73.4%という結果に。

つまり今、7割以上の男女に交際相手がいないのである。

現在恋人がいない男性を対象に「恋人が欲しいかどうか」の調査を行ったところ、

64%の男性が「欲しい」または「やや欲しい」と回答。

20代は66.3%、30代は62.9%、40代は60.6%と、

若くなるにつれて恋人を求める傾向にあるようだ。

ちなみに20代女性で恋人が「欲しい」「やや欲しい」と回答したのは68.7%と、

20代男性を上回っている。 (引用:ゼクシィ縁結び)

なので、日本の女性は彼氏がほしいにも関わらず、

周りが恋愛にモチベーションがない男性しかいないので彼氏ができない。

さらに、女性は、彼氏をつくるために、

メイクやファッションを努力して可愛い女性が増えていると言った、

非モテ男性でも可愛い女性と付き合える一発逆転が可能な世の中になっているのです。

 

参考:大手恋愛・結婚サービス ゼクシィ縁結びより

https://zexy-enmusubi.net/column/otoko/hon_004.html

 

メールマガジンで教えている内容

僕が教えている内容は、

世のナンパ師が教えている内容と違います。

そもそも、ナンパについていく女性は100人中多くても10人くらいなので、

ナンパ師の教えは使いどころが難しいし、そもそもナンパについていくような女性は、

どうなのかと思っています。

強引に口説いたらついていくような女性ではなく、

真面目にアプローチして付き合える女性がいいのです。

この考えをもった人は多いのでは、無いでしょうか?

 

そこで先ほど説明した、

「女性に好かれる方法」と「女性に効率よく出会う方法」をメルマガで教えています。

この2つの方法の特徴は、

・出会った女性と恋愛関係になる成功率を上げる

・効率よく好みの女性と出会う

・女性に嫌われにくくなる

・恋愛経験ゼロでも無理なくできる

と恋愛初心者にもやさしく、再現性がある内容になっています。

 

また、教えるときも1度すべて教えてしまうと、

内容が多く、迷いやすくなるので、

女性心理を学び、

女性に好かれる見た目を変える

→第一印象を磨く

→コミュ力を上げる

→女性と出会う

・・・とステップを踏んでおしえます。

ですから、学びやすい内容になっています。

 

あらかじめ伝えますが、このメルマガを読んだからといって、

一気にモテるようになって女性とやりまくる訳ではないです。

地味な方法です。

でも、ゼロからコツコツと実践していけば、女性からモテる男に変わることができます。

女性に好かれるようになれば、

人付きあいが苦痛でなくなる

異性に対する苦手意識がなくなる

そして、なによりも今まで生きてきたあなたの人生がもっと生きやすくなり、

確実に楽しく、幸せになります。

ぜひ、女性から好かれる男になって、今までとは違う世界を見ましょう!

 

僕が教えている方法は、何歳になってもモテる男性になれます。

しかし、この方法は歳をとればとるほど、

結果が出にくくなる方法なので今のうちにやりましょう。

来年になればもっと女性にモテなくなるので、今が勇気を出して動くときです。

 

是非、詳細は無料メルマガで教えていますので、まずは登録しましょう。

 

————————————————————————————————————————-

非モテ、コミュ障、素人童貞、アニメ・ゲームオタクの僕に彼女ができた。

 

ナンパとは違う真面目な恋愛について教えてます。

女性にガツガツしない、無理に性格を変える必要なし、オタクでもOK、恋愛経験ゼロでも大丈夫。

 

女性と話せるようになる方法を1から解説してます。

 

1人の大切な彼女を作りませんか?

詳細は無料メルマガで話しています。