女性を自然の流れでデートに誘ってOKしてもらう方法

こんにちは、ショウタクです。

 

今回は、女性をデートに誘う方法について解説します。

その方法とは、

「考えすぎず、さくっと、誘うこと」

です。

恋愛上手な人は深く考えず、「ご飯でもどう?」と気軽に誘うため、女性もOKしやすいのです。

 

また、親しくなる前は、「長時間だと会話が続くか不安」と考える女性が多いので、

食事やお茶などの短い時間がいいです。

 

そして、女性を誘う時に失敗しやすいアプローチで以下があります。

失敗しやすいアプローチ

・文章が長すぎる(メールやラインなど)

・いきなりデートに誘う

・盛りまくったデートプランを提案する(1日デートコース)

・文章を一方的に送る

 

このようなアプローチをしてしまうと、

女性に重い、チャラい、面倒くさいと引かれてしまい、

「仕事で忙しくて・・・」

と断られるか、自然消滅してしまいます。

女性は、男性がせっかく考えてくれたのに、

「それは、重いのでさくっと食事でもしませんか?」

とは言いづらいのです。

もちろん、話の流れで映画やイベントの話で盛り上がれば、「今度行きましょう!」みたいに誘うのはアリです。

要は、一方的にならないようにすればいいのです。

 

僕は、昔「デートは男性がしっかり考えないとダメだ」と思っていたので、

1日デートコースを考えた事がありました。

そのコースは、

ランチする→映画を見る→お茶する→ショッピング→ディナー

みたいなコースです。

女性に楽しんでもらうためにいろいろ考えたのですが、

これが仇となり、LINEやマッチングアプリで仲良くなれた女性をデートに誘っても、

既読無視、自然消滅、「忙しい」と言われて断られたことがあります。

この時は、女性に好かれるために一方的になっていたと反省しています。

でも、気軽なデートに考えてからは女性も「いいよ!」と言ってもらえることが増えました。

ので、デートの誘い方で悩んでいる方は参考にして下さい。

 

デートも会話もセックスも、インタラクティブ(双方向、対話型)が基本です。

巷の恋愛本には、

「初デートは映画がおススメ」、「映画は長くて相手が退屈する」、

「初デートはドライブで運転できるアピールをしよう」、「ドライブは密室になるからダメ」

などと書いてあることがバラバラです。

いうまでも、なくそんなのは人によります。

このような男性の一方的なデートでは女性はOKしてくれません。

女性は、1人1人違うのですから、答えは恋愛本の中にあるのではなく、相手の中にあるのです。

例えば、甘いものが苦手な女性をスイーツが有名なカフェに誘ったり、

お酒が飲めない女性をおしゃれなバーに誘っても喜んでもらえないでしょう。

女性の意見を聞くことで相手も、「この人は私のことを見てくれている」と感じてもくれます。

 

デートに誘う前の準備

それは、雑談ができるようになっていることが前提です。

デートに誘う前にある程度、女性と仲良くなってないと女性は来てくれません。

男性は、女性に会ってから判断してほしいと考えますが、

女性は、「会ってから断ったらキレられるんじゃないか」、「しつこくストーカーされたら怖いな」など不安があります。

「その気がないならなぜ会ったんだ(怒)!!!」と逆切れする男性も世の中にはいるのです。

 

なので、女性は事前に話してみて、「この人だったら安心できるかも」、「この人となら楽しくお話できるかも」と思う男性としか会わないのです。

だから、男性は、「安心アピール」が必要なのです。

 

軽いデートの誘い方

重要なポイントは、以下です。

・初回であれば、ランチかお茶を提案する(相手が別の提案をしてきたらそれを採用する)

・昼間であれば女性がOKしやすい

・短時間だと話が合わないときに帰りやすい

・重くない

 

それでは、説明します。

・初回であれば、ランチかお茶を提案する(相手が別の提案をしてきたらそれを採用する)

「美味しい○○の店があるのだけど今度の土曜日でもどう?」みたいに軽く聞くのです。

そうすれば、相手も意見を行ってくれます。

「いいよ!」または、「○○なお店に行きたい」などです。

そこから、2人で話して決めればいいのです。

 

・昼間であれば女性がOKしやすい

遠方から来る場合に、帰りの時間が遅くならないので昼間の方が女性はOKしてくれやすいです。

また、いきなりディナーに誘うと、「この人は体目当てでは?」と思われることもあります。

 

・短時間だと話が合わないときに帰りやすい

ラインやマッチングアプリで話が盛り上がっても、

実際に合った時に「あれ?なんか違うぞ」となったときに帰りやすいので、

食事やお茶の時間は1.5~2時間が適切です。

また、1日長い間いるよりも、短い時間の方が、

「もっと、話したかったのにー」と女性が思い、

次のデートにつなげやすいです。

 

・重くない

これは、冒頭でも話ましたが、いきなりフルコースのデートだと、

女性側からすると、

「まだよくわからない人と長時間一緒にいるの、めんどくさいなー」

と思われてしまいます。

だから、僕も女性を誘うときはサクッと、

「この店○○が美味しんだけど、一緒に行かない?」

みたく聞いてます。

 

今回、説明したのは、あくまで参考です。

これでないとダメというわけではありません。

女性をデートに誘う時に、1人であれこれ考えるよりも、

ある程度、女性に提案して一緒に決めましょう。

 

「デートプランは男が決めるべき」、「女はみんな○○が好き」といった一方的な思い込みは捨てましょう。

そういった間違った思い込みをすると、

「この人は私のことを見てくれていない」

と女性にガッカリされてしまいます。

 

女性は、「目の前の私」のことを見てほしい、考えてほしいのです。

だから、

「女はこういうものだ」、「女はこうすれば喜ぶ」

と決めつけられたくないのです。

つまり、答えは、恋愛本の中にあるのではなく、相手の女性の中にあるのです。

 

恋愛は相手あって、成り立つものです。

つまり、相手の意見を受け入れることが大切です。

男性「どこか行きたいところある?」

女性「うーん、そうだねー」

と会話をすればいいのです。

そうすれば、無駄に悩みませんし、相手の意思を無視して失敗することもなくなります。

 

ぜひ、女性をデートに誘う時は、参考にして下さい。

————————————————————————————————————————-

普段の生活で女性との出会いがなかった僕でしたが、

マッチングアプリを使ったことで好みの女性と仲良くなり、デートすることができました。

 

恋愛初心者こそマッチングアプリがおススメです。

 

そんな、僕がマッチングアプリの攻略法を無料で教えています。